3つの「くらかた」で新築注文住宅・リフォームをお手伝い [リフォーム119]新潟県上越市

家計オーガナイズ講座 開催レポート

セミナー参加者の声

家計簿を付ける意味がわからず、今まで一度も付けたことがなかったが、具体的に書き方や必要性を教えていただき、すぐ実践したいと思いました。『家計簿を細かく書くのが大切じゃない。消費・浪費・投資の割合を把握するのが大切』というのが印象的でした。

(上越市K様)

漠然と貯金をしていたのが、目的を持って楽に貯めることが出来そうです!

(上越市 Y様)

色んなワークやシェアタイムがあり、質問もしやすい和んだ雰囲気でとても良い講座でした。ありがとうございました。今までお金の使い方を意識していなかったので、消費・浪費・投資の考えはとても参考になりました。本当に買う必要があるものを意識していこうと思いました。

(千葉県市川市 I様)

質問しやすく楽しい雰囲気の講座で良かったです。ありがとうございました。
家計簿の必要性を全然わかっていなかったので、これを機会に家計を見直してみようと思います。本当に必要なものかどうか? 常に意識したい。

(東京都大田区 T様)

欲しいモノではなく必要なモノを買うようにしていくきっかけになりました。

(上越市 H様)

あっという間の時間でした。これからは買い物を気を付けようと思いました。お金を貯めて、欲しい物を手に入れたいです。ありがとうございました。

(上越市 S様)

お金に振り回されない自分になる習慣を身に付けるきっかけになると思います。

(上越市 宮下様)

貯金の意味とは、『将来の漠然とした不安のために貯めるのではなく理想とする未来のために貯める。目的を明確にして貯めること』はその通りと思った。浪費を控えるときに私は0%を目標にしてしまうが、潤いも大切というのは、なるほどと思った。

(上越市 M様)

大変分かりやすい講座でした。ありがとうございました!
『あなたが必要とするものを買うようにしなさい』という言葉が特に印象的でした。家計簿の苦手意識がありましたが、分かりやすいつけ方なので、使ってみようと思います。

(群馬県高崎市 Y様)

まずは現状把握し、自分の浪費を見直すことが大事だと改めて考えさせられました。自分なりにムダをなくそうと努力はするのですが、続かなかったり、大きな買い物をしてしまったりと、気づいた時に後悔するような買い物も多かったように思います。今までざっくりとしていた家計簿管理を、消費・浪費・投資に分けるだけで簡単に見直すことができるということを学びましたので、ぜひ実践していきたいと思います。90日後が楽しみです。がんばります!

(上越市 O様)

次回のセミナー開催情報はこちらをご覧ください。